チャットレディの整形は経費として認めらる!?真相を徹底解説!

チャットレディは男性とネットを介して会話(チャット)をするのがお仕事です。チャットは顔出しなしでもOKですが、やはり顔は出した方が稼げるのも事実。

男性も決して安くない料金を課金して遊びに来るわけですから、「可愛い、キレイな女性を選びたい」と考えます。

そのためチャットレディは見た目の良さが稼ぎに直接関わるので、整形をして綺麗になり、さらに収益を上げようと考える人も出てきて当然です。

整形にかかった費用について、

「ひょっとして整形費用も仕事上の経費になるのでは?」

と気になるチャットレディも多いでしょう。

そこで今回は、チャットレディの整形費用は経費になるのかどうかについて説明していきたいと思います。

チャットレディの整形費用を計上したい人へ。経費の定義を確認してみよう

毎年確定申告では1年間で得た所得を申告します。所得とは年間収入から経費や控除を差し引いた額で、よく耳にする「経費で落とす」という言葉は個人事業主の常套句です。

経費とは法律上、「仕事に直接関わる出費」を指します。事務職でいうと、文房具などの消耗品や、来客用のお茶菓子などです。職種によって経費として認められるものが異なります。

男性を相手にするチャットレディは、見た目の美しさがお仕事をする上でとても重要になってくるため、

「それなら整形費用も経費として計上できるのでは?」

と考える人も少なくありません。

チャットレディの整形にかかる費用は経費になる?

整形をして綺麗になれば当然売り上げにも良い影響が出てくる可能性が高く、仕事に直接関わる出費と考える事もできます。しかし整形費用を経費として計上する事は基本的には難しいです。

なぜなら整形はお仕事だけでなく、生涯に渡り私生活でも役に立つ行為であるため、税務署はなかなか経費として認めてくれないのです。とはいえこっそり整形の費用を経費としているチャットレディも中にはいます。

ただしこれは税務調査が入ってしまった時に問題となり、課税のペナルティを受ける可能性も否定できません。

ある男性タレントの植毛費用が経費にできなかった事例

数年前、ある男性タレントが植毛にかかった費用を経費として計上していた事を国税に指摘され問題になった事例がありました。

タレントであるため、見栄えを良くするための植毛はカツラと同様に経費になると考えていたようです。しかし植毛は整形と同じ扱いになり、結果として経費としては認められませんでした。

チャットレディが整形費用を経費として計上するなら?

私生活においてもプラスになる整形は、手術費用を経費として計上するのは難しいと上で説明しました。

しかしどうしても経費にしたい場合は、全額ではなく費用の一部であれば計上できる可能性も出てきます。整形費用の経費は、全体の20~40%くらいまでに抑えるようにしてください。

計上する場合も、万が一税務調査が入った時には

「チャットレディは容姿の良さが売り上げに大きく影響するので、お仕事のために整形をしました。」

など、税務官にきちんと説明できるようにしておきましょう。しかし整形費用の一部を計上しても、認められるかどうかは調査にくる税務官の判断となるので、100%大丈夫というのは無いという認識は持っておいてください。

整形の種類によっては医療費として認められる!?

整形の費用は、手術の内容によっては医療費控除の対象として認められるケースもあります。医療費控除とは、1年間で支払った医療費の合計が一定の額を超えた場合、その医療費から算出した金額分を所得額から差し引くことができる控除です。

医療費として認められるもの

  • ほくろやイボの切除シミ
  • あざ治療
  • 眼瞼下垂
  • 外傷処置
  • 陥入爪(かんにゅうそう)
  • 巻き爪治療
  • タコ、ウオノメの切除

歯科矯正の費用は医療費控除の対象?

歯並びの良さは印象をグッと良くします。チャットレディは男性と会話をするのがお仕事なので、これを機に歯科矯正を始めたいと考える人もいます。

歯科矯正で医療控除として認められるのは、審美を目的とした理由ではなく、噛み合わせが悪く咀嚼や発音に悪い影響を与えている場合です。

歯科医から「歯並びや噛み合わせが悪く、機能的に問題があるため歯科矯正治療が必要」と診断された場合は医療費控除を受けられます。

チャットレディの経費として認められるものは?

美容整形としてカテゴライズされる行為に関しては経費計上は難しいですが、チャットレディは他の業種に比べて経費として認められるものも多く、節税がしやすいです。

チャットレディの経費になるものを以下にまとめてみました。

仕事で使用する道具代

チャットの際に必要になるスマホやパソコンなどの通信機器代や、WEBカメラ、マイク、ヘッドセットなどは経費にできます。

美容代

美容代が経費として認められるのもチャットレディの特権といえます。仕事で使うメイク道具や、美しくなるためのエステ代、美容院代も経費にできます。

また美容のためのサプリメントも計上OKです。

衣装代

チャットの際に着用する洋服やコスプレ衣装、ウィッグやカラコンも衣装費や消耗品費として経費にできます。

プライベート用と併用する場合は費用の一部が経費にできます。メイク道具や衣装に使っている洋服などは、プライベート用としても使用しているチャットレディも多いです。プライベート・仕事をしっかり分ける事が望ましいですが、両方で使う場合はお仕事に使う割合分の金額が経費として計上できます。

 

通信費

チャットレディをする際はWi-Fi環境がかなり重要なので、ネットの回線を導入する事になりますが、ネットの費用やスマホの使用料なども経費になります。

家賃

在宅チャットレディの場合、家賃の一部を経費にできます。

水道高熱費

在宅チャットレディの場合、水道光熱費の一部を経費にできます。

通信費、家賃、水道光熱費も仕事で使用した割合分が計上できる在宅チャットレディの場合、通信費、家賃、水道光熱費も経費の対象ですが、美容代や衣装代同様、全額計上できるわけではない事を頭に入れておきましょう。経費として認められるのは、お仕事に使う割合分のみです。例えば家賃10万円2LDKの一室をチャット部屋に使ったとすると、約3万円が経費にできます。

 

接待交際費

チャット中、接客の一環で飲食したものや、仕事仲間との会食は経費にできます。

新聞図書費

お客さんとの会話のネタ作りなど、仕事のために購入した漫画や書籍、新聞の購入代金は経費にできます。

交通費

通勤型チャットレディの場合、通勤にかかる費用(電車・タクシー・バス・ガソリン代)を経費にすることができます。

まとめ「チャットレデの整形費用は基本的に経費として認められない事を留意しよう」

経費というはお仕事に直接的な関わりのある出費を指し、いくらお仕事のために整形したとしても、整形は今後の私生活にも大きく関わる行為であるため、経費として認められない可能性が高いです。

整形費用全額ではなく、費用の一部であれば計上できる可能性が高まりますが、判断は税務官によるので確実に経費として認められるわけではありません。

チャットレディでも整形費用を経費として計上している人も中にはいますが、課税のペナルティを受けてしまうリスクがある事を理解しておきましょう。

ほくろやイボの切除、シミ治療や審美目的ではない歯科矯正などは、経費ではなく医療費控除として認められています。チャットレディが経費として認められるものをしっかりと認識しておく事が大切です。


ライブチャットNavi


ライブチャットNaviは、女性が安心安全に働けるチャットレディ事業・ライブチャットオウンドメディアを運営しています。ライブチャットNaviでは「在宅型」と「通勤型」があり、在宅型は、自宅にいながらお仕事ができます。通勤型であればチャットルームは都内に2か所、完全個室ルームを完備しています!24時間お仕事可能ですので空いたお時間を有効活用もできますし、可能な限りがっつり働いて稼ぎたい!なんてことも可能です!気になるご質問やご相談も小さな事でも構いません。まずはお気軽にお問い合せください。ライブチャットNaviの求人ページはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。