チャットレディはスクショのリスクあり!?危険性や対策まで徹底解説します

チャットレディはネットを通じて男性とチャットをするお仕事。

 

報酬は高く、会わない・触られない接客で安全性も高いのですが、男性がチャットレディを勝手に盗撮する「スクショ」のリスクがあります。

 

チャットレディを行なうなら、スクショ被害を出来るだけ避ける対策は取っていた方がいいです。

 

この記事ではチャットレディにおけるスクショの危険性について、またスクショ対策まで説明していきます。

 

チャットレディはスクショのリスクと隣合わせ?

スクショとはスクリーンショットの略で、パソコンやスマホの画面を端末内で撮影する機能を指します。

 

結論から言うとチャットレディはスクショされる可能性が高いです。チャットレディサイトでスクショは禁止行為で、スクショ自体ができないようになっているサイトもあります。

 

しかし男性会員のスマホやパソコンのデータを11人チェックするのは不可能ですし、チャットレディをスクショするためのソフトやアプリもあり、完璧にスクショを避けるのは難しいのが現実です。

 

そのためチャットレディは常にスクショのリスクがついて回ることになります。

チャットレディがスクショされるのはなぜ?

チャットレディに遊びにくる男性は、お気に入りの女性と楽しみたいと純粋に思っている人がほとんど。スクショをする男性会員の目的の大半は「個人で楽しむため(趣味)」です。

 

もちろんどんな理由であれスクショはNGですが、趣味で楽しむ分には実害はないといえます。しかしスクショで怖いのが「画像の流出」です。

 

スクショした画像を掲示版にアップするなど、流出させる行為は犯罪で、懲役10年以下、または1千万円以下の罰金に課せらます。

 

犯罪を犯す人はそういるものではありませんし、流出させる方も大きなリスクが生じるわけで、スクショが流出する可能性は低いです。とはいえ万が一流出した場合は「身バレ」など実害が出てしまうかもしれません。

 

スクショ画像がアップされたら削除できない?

サイト側もスクショや流出を防止するために、常に監視・パトロールをし、怪しい行為が見つかった場合は注意喚起や強制退出などの措置をとっています。

 

また万が一画像が流出した場合は、流出させた相手に対し画像削除の申し出や、訴訟を起こす場合も。しかし「流出させた相手の特定ができない」「DMなどを送っても返事が来ない」など、画像が削除できずに結局は泣き寝入りするケースもあるのです。

 

POINT!

最近ではネット上の犯罪は以前よりも身元が割れやすくなっており、流出などの犯罪は減少傾向にあります。

チャットレディはスクショ対策をしよう!

スクショされた場合大半の人は個人で楽しむためとはいえ、その画像が何に使用されるか分からないので不安になってしまいます。

 

チャットレディがネットを経由して行なうサービスである以上は、スクショは100%防ぐことはできません。

 

しかし対策をとることで、スクショされるリスクを減らす事が可能です。スクショ対策を以下に挙げてみました。

 

アダルトチャットレディは顔出しをしない

チャットレディでスクショリスクが高いのはやはりアダルトチャットレディです。とくに顔出しアリでアダルト行為を行なっている場合はスクショされてしまう可能性が高くなります。

 

アダルトチャットレディは、パフォーマンス時は顔を隠すのが効果的です。スクショする側の心理としては、顔も映っているベストショットを狙います。個人で楽しむにしろ、画像を悪用するにしろ、顔を隠している状態はスクショがされにくくなるのです。

 

ノンアダルトだけで働く

スクショが怖い人はノンアダルトだけで働くのもアリ。報酬はアダルトと比較すると低いのですが、スクショの可能性も低いからです。

 

顔出しをして会話している所をスクショされ、それが万が一流出したとしても、メイクやウィッグで変装をしていれば身バレも防げます。

 

プロフィール画像は必ず加工

チャットサイトの女の子のプロフィール画面は、サイトに登録していないユーザーでも閲覧が可能であるため、プロフィール画像もスクショリスクが高いです。

 

しかし今はアプリでいくらでも画像が加工でき、別人レベルの写真が作れます。プロフィール画像から身バレしないように、写真の修正・加工や、顔の一部を手やスタンプで隠すなど工夫をしましょう。

 

待機時間を減らす

チャットレディは男性が遊びに来てくれるまでは「待機中」となり、待機中の状態も映し出された状態になります。

 

待機時間中の画面もプロフィール同様、ユーザー以外の人も閲覧でき、不特定多数に見られることからスクショのリスクが高いです。

 

とはいえ待機時間は必ずあります。少しでも待機時間を減らすには、常連のお客さんとは「〇時にログインしてチャットをしよう」と約束を事前に取り付けておく待ち合わせがおススメです。

 

または待機画面を配信しなくてもいいスマホ向けのサービスもあります。

 

カレンダーを画面内に置いておく

チャット配信の画面内にカレンダーを置き、日付が分かるようにしておくのはスクショ対策に効果的。

 

万が一スクショされた画像が流出しても、日付が分かっていれば犯人が特定しやすいからです。またチャットした相手のIDも日付と一緒に控えておくとさらに安心です。

 

画像を悪用しようとたくらむ男性も、カレンダーが設置してあると特定される可能性があるのでスクショがしにくくなります。

 

ツーショットチャットを増やす

男性ユーザーは基本的にタイピングか音声・映像でチャットに参加しますが、スクショのリスクを考えるなら、音声・映像でのチャットで参加してもらったほうが良いです。

 

チャットレディには男性とマンツーマンでチャットを行なうツーショットと、複数人の男性とチャットを行なうグループチャットがありますが、ツーショットの方が男性の行動を監視でき、スクショ防止になります。

 

画像だけでなく動画も録画される可能性があるため、男性ユーザーの名前を頻繁に呼ぶのも効果的です。

 

ひょっとしてスクショしてる!?怪しい男性の特徴を知っておこう

スクショ疑惑のある怪しい男性の特徴も知っておけば、スクショ防止や相手の特定、画像の悪用を防げます。怪しい男性の特徴は以下の通りです。

突然黙る男性会員

チャットレディを利用する男性は、女性との会話が不得意という人ももちろんいます。

 

しかしこれまで普通に会話をしていたのになぜか急に静かになる男性や、初めから黙り込んでいる男性には警戒をしましょう。相手の姿も確認できるツーショットチャットで、男性がカメラを手や物で覆っている人も怪しいです。

 

カメラの音や怪しい音がする

スクショに気づいたチャットレディの大半は、カメラのシャッター音や、ごそごそした怪しい音で異変に気付いた場合が多いです。チャットでは男性会員の姿が見えない設定もあります。相手の状態が目で見えない時あ音に注意するようにしましょう。

 

やたらエッチなポーズの要求をしてくる

アダルトチャットレディはエッチなポーズを男性から求められる事も多いですが、スクショを狙っている人はベストショットを撮るためにやたら細かい要求をしてくる傾向もあります。

 

指示がやたら細かいと感じた場合はカメラのアングルなどを調整して、顔が映らないようにしましょう。

スクショを100%回避するのは難しいが、対策さえすれば実害は避けられる

チャットレディは一般的なお仕事よりも高報酬が狙えますが、スクショのリスクもあります。スクショを完全に防ぐのは難しいですが、チャットレディ側が対策をとればスクショがしづらい状況にすることは可能です。

 

万が一スクショされたものが流出されても、顔を隠す、メイクやウィッグ、画像加工で身バレを防げます。

 

流出は犯罪行為で、このような悪事を働く人は滅多にいるものではありませんが、チャットレディ(特にアダルトチャットレディ)を行なう人は十分に注意を払う必要があるでしょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。