チャットレディのメリット・デメリットを大公開!お仕事を始める前に知っておくべき事とは

男性とインターネットを通じ、リアルタイムでチャットを行なうチャットレディ。

 

10年以上の歴史があるお仕事ですが、最近になって世間に認知されるようになってきました。高報酬かつ自宅でできるので、在宅ワークに興味がある女性にも人気です。

 

チャットレディは魅力的なお仕事でメリットも多いですが、デメリットもあります。

 

働いた後に「こんなはずじゃなかった」となる前に、メリット・デメリット二つの部分を知った上で始めるようにしましょう。

 

そこで今回はチャットレディのメリットやデメリットをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

チャットレディのデメリット

チャットレディは大きく分けてアダルト・ノンアダルトがあります。

 

いわゆるネット版のキャバクラや風俗といった感じですが、男性を相手にするお仕事である分、チャットレディならではのデメリットが存在します。

 

チャットレディのデメリットは以下があります。

仕事の事などの相談がしにくい

 

チャットレディは今でこそ認知度が高まってきているお仕事ですが、それでもまだ「人には言えない」と内緒で働く人も多いです。

 

とくにアダルトチャットレディであれば絶対に周りには知られたくないと考える人がほとんどでしょう。

 

チャットレディはひとりでお仕事をするので、お仕事での相談ごとを人に話しずらいという事がデメリットのひとつとして挙げられます。

 

しかし優良チャットサイトであれば、サポート体制が整っているので、お仕事で何か困ったことがあれば相談に乗ってくれます。周りに相談に乗ってくれる人がいない場合は利用するのもアリです。

 

 

下ネタやアダルト行為の耐性が必要

 

チャットレディはノンアダルトであっても、軽い下ネタ程度の会話は日常茶飯事です。またアダルトの場合は下ネタはもちろん、エッチなパフォーマンスも行ないます。

 

そのため、下ネタやアダルト行為の耐性が必要です。

 

チャットレディは18歳以上の女性であればだれでもできるお仕事ですが、「下ネタは絶対に無理!!」という人は、チャットレディを行なうのは難しいかもしれません・・。

仕事で使う道具は自分で用意しなくてはいけない

 

チャットレディを始める際、必要なのがスマホかパソコンなどの通信機器は必須です。

 

通信機器は普段使っているものでOKですが、チャット(リアルタイム動画配信)はギガを大量に消費します。場合によってはWi-Fi環境を整えておく必要があるでしょう。

 

またWEBカメラや照明などは、カメラ映りを気にするのであれば購入した方がいいですし、コスプレやセクシーな下着、アダルトグッズなどを用意している人もいます。

 

こういった仕事に使う物は、サイト側から支給されるものではなく、チャットレディ自ら用意しなくてはいけません。

昼夜逆転など生活が不規則になりやすい

 

チャットレディには稼げる時間帯「ゴールデンタイム」が存在します。

 

ゴールデンタイムは22時~2時、5時~9時の夜と早朝です。就寝時刻と重なる時間帯が最もログインする男性が多くサイトが活気づく時。

 

より稼ぐにはゴールデンタイムにログインをした方がいいので、おのずとお仕事時間が夜になります。

 

そのため本業でチャットレディを行なっている人は、昼夜逆転生活になりやすいという一面もあります。不規則にならないために、スケジュールを管理して生活する事が大切です。

 

画像や動画が流出する可能性も

チャット中の様子をスクショされ、その画像が流出される可能性もゼロではありません。

 

チャット内でスクショやキャプチャを撮ることは禁止行為で、さらに流出させる行為は1,000万円以下の罰金、又は10年以下の懲役が課せられます。サイト側も不審人物はいないパトロールを強化していますし、何より流出させる側もリスクが高いため、画像が流出する可能性は低いです。

 

しかし万が一という事もあります。チャットレディはもしもの時に備え、身バレや顔バレの対策を取っておく必要があるでしょう。

チャットレディのメリット

チャットレディにはこの仕事ならではのデメリットがありますが、その分メリットもたくさん詰まったお仕事です。

 

チャットレディのメリットをみていきましょう。

 

報酬が高い

 

チャットレディは高報酬です。平均的な報酬を時給換算すると、ノンアダルトで2,400円~4,800円アダルトで4,200円~7,500円になります。

 

チャットレディのお仕事は完全出来高制なので、自分が頑張った分はすべて報酬に還元されます。

 

少ない時間でも多く稼ぐ事が可能なので、アルバイトや副業として行なっている人が多いです。もともとOLとして働いていたけど、チャットレディを本業にしたらOL以上の収入になったという人も。

 

本業でチャットレディを行なっている場合、ノンアダルトでは40万円~50万円、アダルトでは50万円~100万円以上稼いでいる人もいます。

 

チャットレディはお小遣い稼ぎはもちろんの事、人生が変わるくらいの高報酬を狙える、夢のあるお仕事でもあるのです。

働く時間が自由

 

チャットレディにシフトはなく、24時間いつでも好きな時間に働く事ができます。

 

大学生であれば学業と両立させながら、OLさんは空いた時間を副業に、主婦は家事や育児の片手間に行なえるのが魅力です。

 

シフトに縛られないので、「今日は疲れたから休もう」と思えばいつでも休めますし、無理がありません。

 

「朝が苦手で昼間の仕事をしたくない」というという人も、チャットレディであれば自分のタイミングで自由にお仕事できます。

 

在宅で働ける

 

チャットレディは通勤型もありますが、在宅でも行えるお仕事です。

 

通勤だと移動の手間や交通費もかかり、「誰かに見られたらどうしよう」と心配する面もありますね。しかし在宅の場合は通勤の手間なく、家にいながら働く事ができるので気楽です。誰かに通勤している所を見られるといいった心配もありません。

 

お客さんと直接対面しての接客はない

 

チャットレディはお客さんとネットを通じてのやり取りになるので、直接対面の接客はありませんし、外でお客さんと会う事も禁じられています。

 

お客さんに会わず、触られることもないので、危ない目に遭ったり、性病のリスクもありません。

 

顔出しなしでもOK

 

チャットレディは顔出しする・しないを自分で決める事ができます。

 

キャバクラや風俗店なら顔出ししないで働くことは難しいですよね。とくにアダルトチャットレディの場合、身バレや顔バレの事を考えると、顔を知られたくないと思う人も多いでしょう。

 

チャットレディなら顔を隠した状態でもお仕事が可能なので、「絶対に顔を見られたくない」という人も安心してお仕事できます。

 

年齢を気にせず働ける

 

「チャットレディは20代の若い子だけができるお仕事でしょ?」と考える人もいますが、そうではありません。

 

30代や40代でも活躍しているチャットレディはたくさんいるんですよ。

 

チャットレディサイトにはコンセプトもあり、比較的若い女の子が集まるサイトや、40代や50代の落ち着いた女性が集まるサイトもあります。

 

自分の年齢に応じてサイトを選べばいいので、チャットレディは年齢を気にせず働くことができます。

 

未経験でも働ける

 

チャットレディはまったくの未経験でも問題なく働けます。チャットレディはネット上のキャバクラと例えられることが多いですが、実際はキャバクラのようにプロ感のある女性よりも、どこにでもいそうな普通の女性の方が好まれます。

 

チャットレディを利用する男性は「普通の女性と話したい」と考える人が集まるからです。男性と接するお仕事が未経験の人でも気軽に働けますよ。

まとめ・実際チャットレディはメリットが多いお仕事です◎

チャットレディは需要が高まっているお仕事なので、求人数も増えてきています。

 

チャットレディ募集のために、お仕事のメリットばかりが書かれている記事も多いです。

 

しかしチャットレディならではのデメリットも存在するため、もしお仕事を始めるのであればデメリットも知った上で行うことが大切。

 

実際にはチャットレディは働きやすく、稼ぎたい人にとってはメリットが多いお仕事です。

 

メリット・デメリットの両方をしっかり頭にいれ、お仕事に役立てていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。